トレファクスポーツ三芳店

アウトドア用品買取します

コールマンの歴史上長きに渡り最も愛されたランタン「200A」

2021.11.28

どもどもこんにちは、YUGABOです。


昨今のキャンプ業界では数年前とは異なり、数多くのアウトドアブランドが台頭しており我々ユーザー側としても様々なブランドから販売されているギアを選ぶのにいい意味で頭を悩ませる機会が多くなったと思います。

もちろん、既存の商品も性能や利便性など非常に充実した商品が多く立ち並んでいますが、どうせならオリジナリティを出したいのがアウトドア好きとしての性ですよね。

そんな時に候補として挙がってくるのが、ビンテージギアです。
現在では製造されておらず、他人と被りにくい。そしてそのギア1つ1つに製造のバックグラウンドやその後のモデルへの移り変わりなどの変遷があります。
それらは現在購入できる商品には感じえないビンテージギアならではの要素だと思います。

今回はそんなビンテージギアの中でも、当時からアメリカを中心に業界の中心に位置していたブランド、Coleman(コールマン)のビンテージギアをご紹介したいと思います。


ちなみに先日トレファクスポーツ岩槻店からのブログでもありましたが、現在ヴィンテージポップアップストアを岩槻店にて開催しております!
コールマンのビンテージギアがトレファクスポーツ史上最高の展示数でご覧いただけますので、気になる方はぜひ一度岩槻店まで脚を運んでみて下さい!

​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩​⇩⇩⇩
コールマン×ビンテージギアのポップアップストアが岩槻店で開催中!




コールマンの歴史上最も愛されたランタン「200A」

現在でもアウトドアブランドの最前線を走るコールマン。
キャンプを始めた方であれば一度は通ったことがある道だと思います。

今でこそ総合アウトドアブランドとして知られるコールマンですが、創業当初の1901年から遡ると当時のコールマンの主力製品は人々の生活を支える「灯り」つまり「ランタン」でした。


およそ1910年代後半から始まった屋外用ランタンの製造。
現在の2021年まで、約100年間という期間長きに渡り数々のランタンを製造してきました。


そんなコールマンが死力を尽くして製造してきたランタンの中で、最も愛されたランタンとして名高いのが”The Red”の愛称で知られる「200A」というモデルです。

アウトドア用品のランタン

1951年頃から製造が始まり、1984年の製造終了までの約33年間でおよそ8回ものマイナーチェンジを経ながら、当時のキャンパーに寄り添っていた歴史的モデルです。

製造期間中に行われた8回ものマイナーチェンジにて姿形を変えた「200A」1つ1つに特徴があり、それら全てをコレクションするコレクターがいるほど、その人気ぶりは現在でも衰えを見せません。



●「200A」マイナーチェンジ概要年表


ざっくりではありますが、以下がコールマンが200Aを製造してからマイナーチェンジが行われたタイミングになります。

Colemanのコールマン
※こちらは以前当店に入荷したものになります。既に販売済みとなりますので、予めご了承下さいませ。

1951年後半・・・200A製造開始。前モデルの「200」からタンクが真鍮製から鉄に切り替わったことで登場。ベンチレーターが赤、タンクがグリーンで別名クリスマスランタンの名称でお馴染み

コールマンの200A
※こちらは以前当店に入荷したものになります。既に販売済みとなりますので、予めご了承下さいませ。

1952年~1953年・・・ベンチレーター、タンク共に赤色となり、カーラーの部分のみ黒い塗装が施され、タンクに貼られるデカールには黄色の枠線が付けられる。その容姿から別名ブラックバンドと呼ばれる。

200A

1953年後半~1961年・・・カーラーの黒い塗装がなくなり、シンプルな200Aらしい容姿となる。200Aの歴史の中でも第一次安定期とも言われ、細かい仕様変更はありつつも約7年間ほぼ変わらない姿で製造が続けられる。

ランタンのColeman

1961年~1962年・・・ベンチレーター、タンク共に色が1961年後半から1962年の前半にかけてワイン色に変更になり、別名バーガンディーと称される。タンクに貼られていたデカールも黄色の枠線から赤い枠線に変更。しかし1962年後半からは元の色に戻されてしまった為通常の200Aより個体数が少なく希少。


※この時期のランタンだけ画像でのご紹介ができませんでした。。。。

1963年~1964年・・・製造から12年経ったところで、1963年後半にベンチレーターの高さが低くなるという大きな変化が起こる。このベンチレーターの高さが切り替わったタイミングを軸にそれ以前を「前期型」、それ以降を「後期型」と区分けられる。

21年11月28日:画像8
※こちらは以前当店に入荷したものになります。既に販売済みとなりますので、予めご了承下さいませ。

1965年~1970年・・・ベンチレーターは低くなり、タンクに貼られていたデカールの枠線が赤から白に変更になる。またデカールのColemanの文字の下に小さく「Patent Pending」という特許申請中という意味の文字が入ることで、通称パテペンの別称で呼ばれる。200Aの第二次安定期。

21年11月28日:画像9
※こちらは以前当店に入荷したものになります。既に販売済みとなりますので、予めご了承下さいませ。

1970年~1980年・・・1975年にはバルブホイールのカラーがブラックになり、ブラックバルブと呼ばれる。200Aの長い歴史の中で最後の赤いボディをまとったランタンとなる。

21年11月28日:画像10
※こちらは以前当店に入荷したものになります。既に販売済みとなりますので、予めご了承下さいませ。

1980年~1984年・・・”The Red”の時代が終わり、ベンチレーター、タンク共にグリーンカラーに統一。長かった200Aの歴史がこのモデルにて最終型となり、次発モデルの286へとバトンを繋いでいきます。


長くなってしまいましたが、上記が200Aが製造された約33年間の中で行われたマイナーチェンジの概要になります。
もちろん、記述できていない仕様変更もございますので気になる方はこれを機に調べてみると面白いかもしれません。

さて、あらかたの200Aの年代別のご説明が済んだところで、今回当店に入荷した200Aをご紹介したいと思います。


ランタンのColeman

こちらの200Aが製造されたのは1962年10月製。
上述した年表で言えば、バーガンディーと呼ばれる時期に製造された個体なわけですが、実はバーガンディーカラーは当時は評判が悪く、1962年の4月頃には元のカラーリングに戻されることになります。
しかしバーガンディー用の塗料が余っていたことから、4月以降の数か月間のみ元々のカラーにバーガンディーの塗料を少し混ぜながら塗装を行っていた説があり、その関係で少し濃いカラーが出来上がった過去があります。
コレクターの間ではマルーンレッドと言われており、現在は大変希少なモデルとなっているんです。


21年11月28日:画像6

またこちらの200Aに使用されているグローブにはアンバーグローブが使用されています。
推定ではありますが、1980年代に製造されていたグローブのアンバーモデルだと思われます。
キズ等もほとんどなく、グローブとしても大変希少な一品です。


21年11月28日:画像7
※写真左

実際に動作の確認も行っております。
一定時間の燃焼確認を行いましたが、問題なく現役でまだまだお使いいただけますよ!

その他状態不良に関しては、上記トレファクONLINEのリンクよりご覧いただけますので、ご確認くださいませ。


----------------------------------------------
ブランド: Coleman(コールマン)
モデル:200A マルーンレッド/レッドボーダー/前期型
製造:1962年10月製
状態:ベンチレーターキズ・タンクキズ・塗装ハガレ有
備考:アンバーグローブ使用/希少品
動作確認:済
当店販売価格:65,780円(税込)
トレファクONLINE出品中!!
詳しくはコチラ⇨⇨⇨
https://ec.treasure-f.com/item/5505000489282583

お問い合わせ番号はコチラ➩5505000489282
--------------------------------------------


200A

こちらの200Aが製造されたのは、1956年9月製。
200Aの長い歴史の中でも最初に安定して約7年間ほど製造されていた安定期のモデルです。

「シンプルイズベスト」という言葉が一番似合うほど、既に完成された容姿を纏っています。
ベンチレーターのかさが高い「前期型」が製造されていたのは、初期モデルから数えても約12年間ほど。一方でその後のかさが低くなった「後期型」は約20年近く製造されている為、圧倒的に前期型の方が個体数が少なく、希少品となります。


21年11月28日:画像7
※写真右

こちらも実際に動作の確認を行っておりますが、問題なく燃焼が確認できました。

その他状態不良に関しては、上記同様トレファクONLINEのリンクにてご確認いただけますので、そちらをご覧ください。


----------------------------------------------
ブランド: Coleman(コールマン)
モデル:200A イエローボーダー/前期型
製造:1956年9月製
状態:ベンチレーターキズ・タンクキズ・塗装ハガレ有
動作確認:済
当店販売価格:43,780円(税込)
トレファクONLINE出品中!!
詳しくはコチラ⇨⇨⇨
https://ec.treasure-f.com/item/5505000489268583

お問い合わせ番号はコチラ➩5505000489268
--------------------------------------------


まとめ

いかがでしたでしょうか。
話が長くなってしまいましたが、コールマンの代表的なランタンとして知られる「200A」にも時期によって様々な種類が存在することがお分かりいただけたかと思います。

現在、販売されている商品とは違ってもうこの先製造されることはありません。
その為年々個体数は減少の道を辿っていくのみとなります。

このビンテージランタン特有の雰囲気の良さは手に取り、目で見て初めて体感できるものです。
ぜひまだビンテージランタンを手にしたことが無い方はこの機会にご検討ください。




トレファクスポーツ三芳店では
買取も行っております!




ご不要なスポーツ用品・アウトドア用品
がございましたらお気軽にお持込ください!


詳しくはこちら!⇨HOW TO 買取


トレファクスポーツ三芳店への
アクセス


トレファクスポーツ三芳店は、
川越街道沿いにございます。
スシロー三芳店がお隣にございますので、
ご飲食の際にお立ち寄り下さい。

詳しくはこちら!⇨
三芳店へのアクセス



トレファクスポーツの商品が
オンラインショップで買える!!


トレファクスポーツ各店で
販売している商品が買える
オンラインショップがございます。

詳しくはこちら!⇨
トレファクONLINE

店舗紹介

トレファクスポーツ三芳店

トレファクスポーツ三芳店

住所
〒354-0041 埼玉県入間郡三芳町藤久保652-1
電話番号
049-258-3966
営業時間
11:00 ~ 19:00
買取受付
11:00 ~ 18:00
駐車場
専用26台
取扱い商品
アウトドア / キャンプ / スキー・スノーボード / サッカー / テニス / 野球

店舗情報をみる