トレファクスポーツ幕張店

アウトドア用品買取します

他と被らないランタンならビンテージを!デイツ製ユニオンドライビングランプ

2021.10.27

皆さんこんにちは、スタッフP1です。

本日はスポーツアウトドアのリユースショップだからこそご案内ができる大変希少なお品物が入荷致しました。
新品ではもう巡り合うことのできない「ビンテージ」「オールドランタン」です!

ビンテージランタンと言えばコールマンをはじめとしたガソリンランタンのイメージがありますが、
今回のお品物は、日頃お問い合わせもよく頂くオイルランタンです。

家でもキャンプでも使えて、簡単に点灯させることが出来るためキャンプ初心者の方からベテランキャンパーさんまで幅広く人気で、キャンプをされない方でもインテリアとしてご使用される方もいるほどの人気アイテム.

種類が多い!オイルランタン

ランタンのデイツ

トレファクスポーツ幕張店の在庫のオイルランタンの一部を並べてみました。
定番の形状は左から2番目の
ハリケーンランタン
なのではないでしょうか

マニアックな方なら
一番左の炭鉱夫などが使用していた
マイナーランタン/カンブリアランタン

右から2番目の
レイルロードランタン

電車や船舶(カンテラ)など工業的に使用されていたランタン
をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

そして、並んでいる一番右のランタン!
他の3台とは大きくデザインが異なるこの1台が本日の主役です。


アウトドア用品のランタン


見たことの無いデザイン!?



デイツのドライビングランタン

スタッフP1も初めて見るランタンのデザインです。
様々なモデルを見てきましたが、かなり特殊なモデルなのが想像できます。
このランタンであれば、キャンプ場で誰かとかぶってしまうといったことは、そう滅多起きることはないかと思います。
被ってしまってもその方とお友達になれてしまう、なそんな個性派アイテムです。


一体何者なのでしょう…調べていきましょう!


個性派デザインのランタンを詳しくチェック!!



21年10月27日:画像9

ドライビングランタンのビンテージ オイルランタン

大きなフロントガラスとハイハットのような背の高いベンチレーションが特徴です。

21年10月27日:画像8

このランタンの手掛かりは、ランタンの背面に有ります!

・DIETZ(デイツ)
これが今回のブランド名ですね。
デイツのオイルランタンの様です。
今では作られていないデザインなのでしょうか?



・UNION DRIVING LAMP(ユニオンドライビングランプ)
これが今回のモデル名なのでしょう。
今では#50 コメットや#20 ブリザードを始めとした数字表記+名称表記になっています。
デイツで名称だけが付いているものは
スケーターズランタンのSPORT(スポーツ)
レイルロードランタンのVESTA(ベスタ)
と言ったビンテージのオイルランタンに見られると特徴です。



・PATENTED-JAN-26-97-SEP'T-25-05-JAN-22-07
PATENTEDは特許取得済みという意味です。
97年~07年まで有効な特許を有していることを意味していると思われます。
割と最近なのでしょうか?
コールマンのパテペンと同じで特許を有している時期に刻印される文言だと思われます。

・NEW YORK USA
アメリカ製のデイツのランプの様です。
97-07年の特許関連の年数とアメリカ製…

マニアな方はご存じかと思いますが。
実はデイツのランタンなどは製造拠点を
1956年ごろにアメリカから香港へ
1988年ごろから現在まで中国へ
と移り変わっております。
そう、1997年にアメリカ製のランタンが作られている可能性は限りなく低いのです。
ということは…
1897年の特許事項に関する記載ということになります!

このランプをまとめると

ユニオンドライビングランプというモデルで
アメリカに製造拠点を持っていた時期のデイツ社製
1897~1907年ごろに特許を有した時期に製造された
というのが分かります。



デイツのドライビングランタン

1世紀前のオイルランタン!?
100年以上前のランタンは中々入荷も無い大変珍しいアイテムです。

これから、このドライビングランプがどういったアイテムなのかをご紹介しましょう!

その前にチョットブレイク
そもそもランプとランタンて何が違うのだろうとふと疑問に湧きました。
ユニオンドライビングランタンて書いてしまいそうになるのです…

-ランプとランタンの違い-

ランプ→据え置きで使用を想定した設計・携帯性は低い光源
 例)コールマンのクイックライトテーブルランプや某魔法のランプなど


ランタン→持ち運びを想定し携行しやすいように設計されている光源 
例)ガソリンランタンを始めとしたキャンプで一般的に使われているライトなど

といった区分けがあるようです。

絶対的な線引きがあるわけではありませんので、アイテムによって名前は変わってきます。

閑話休題


100年以上前のドライビングランプって何だろう?


自動車に取り付けて使っていた!?

ドライビング→運転している
つまり
ドライビングランプ→運転用のランプなのです。

ランプは据え付けておくことを想定したアイテムとなっております。


21年10月27日:画像10

車に据え付けるためにクランプが搭載されており、金具を入れ替えると左右どちらにも取り付けられるようになっております。


本格的にガソリンエンジン自動車が作られ始めたのは1880年代
世界的に普及したのは1904年頃~T型フォードと呼ばれる自動車があります。
世界初の量産型自動車ですね。
そのT型フォードのハンドル横・ボンネット付け根部分にランプが付けられているのが分かります。
実車を手配できませんので、インターネットから検索頂ければと思います。

このランタンは、
ガソリン自動車黎明期に使用されていたアイテム
という事になります。

今回のユニオン以外にも、OCTO(オクト)やEUREKA(エウレカ)と言ったドライビングランプが存在しております。
それぞれ製造年代にずれが見られているので、徐々に改良されていったのかもしれません。

そして
ドライビングランプ・エウレカからスケーターズランタン・スポーツが生まれ
スケーターズランタンが今のハリケーンランタンの元になっていると言われております。
携行型のランタンに行くまでの歴史をたどることが出来るアイテムですね。


車用と言っても室内灯ではありませんよ



21年10月27日:画像9

名称だけではありません、実際に点灯させると車用なんだなと感じさせます。

21年10月27日:画像6

スペースの都合上狭路での撮影になってしまいましたが
明りが前方のみに拡散していくのが、お分かりいただけるかと思います。
車のヘッドライトなどと近い感じです。
内部は、リフレクターのように光を反射する設計で前方への照射に特化しております。


ビンテージ オイルランタン

一方背面は、テールランプのように赤いガラスがはめ込まれていて、そこに構造物があることがわかるようになっています。


2021年現在の車は、LEDのヘッドライトやテールライトが普及しております
一方、1900年頃と言えば主な動力は蒸気機関や液体燃料など
一般の生活などに電気が普及するのはまだ少し先の話です。
だからこそのオイルランプなのです。


120年前のランタンの状態は?



21年10月27日:画像9

フロントグローブのひび割れが見られます。
脱落したりといったことはございませんが、一本大きく亀裂が生じております。


21年10月27日:画像7

本体オイルタンク横に歪みが見られます。
また、所どころ塗装の剥がれやサビが見受けられます。

オイルタンクの漏れは無く
芯のハンドル部分も芯との相性もあるかと思いますが、問題なく稼働しております。

実用としても、インテリアのアイテムとしても十分なコンディションかと思います。



ドライビングランプの詳細!!

アウトドア用品のランタン

-------------------------------------------------
【ブランド】DIETZ(デイツ)
【モデル】UNION DRIVING LAMP (ユニオンドライビングランプ)
【製造年代】1890~1900年初頭頃
【状態】塗装欠け・サビ・本体底歪み・フロントガラスヒビ有

店頭販売価格:¥19,580-(税込)
【問い合わせ番号:5504000568584

↓オンライン購入はこちらから↓
https://ec.treasure-f.com/item/5504000568584787

※販売済みの際はご容赦ください。

-------------------------------------------------


いかがでしたでしょうか!
トレファクスポーツでも中々入荷の無い100年という節目を超えたビンテージランタンの入荷です。
誰ともかぶりたくない、個性的なアイテムをお探しの方にお勧めのお品物となっております。




 

⇩トレファクONLINE アウトドア特集ページ⇩

下記リンクをクリック!!
https://ec.treasure-f.com/feature/outdoor

 

⇩トレファクスポーツ幕張店からのお知らせ⇩

WILD-1幕張店さん、三井アウトレット幕張さん、イオンモール幕張新都心さんから車で10分!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
トレファクスポーツ幕張店へのアクセス
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
アクセス方法の詳しいブログはこちら


⇩クリックまたはタップ出来ます⇩
遊びを追求したスポーツ・アウトドア専門リユースショップ「トレファクスポーツ」
知識と経験を備えた専門スタッフによる接客と安心査定!

キャンプ・アウトドア用品をお探しならトレファクスポーツ幕張店へ!

掲載店舗

トレファクスポーツ幕張店 店舗写真

幕張店

営業時間

平日 11:00 ~ 20:00
土日祝 10:00 ~ 20:00

買取受付

平日 11:00 ~ 19:00
土日祝 10:00 ~ 19:00

店舗詳細を見る

キーワード

都道府県

店舗

最新の幕張店ブログ

幕張店ブログ一覧

関連ブログ

関連ブログ一覧

店舗紹介

トレファクスポーツ幕張店

トレファクスポーツ幕張店

住所
〒262-0033 千葉県千葉市花見川区幕張本郷2-22-4
電話番号
043-296-5522
営業時間
平日 11:00 ~ 20:00 土日祝 10:00 ~ 20:00
買取受付
平日 11:00 ~ 19:00 土日祝 10:00 ~ 19:00
駐車場
専用160台
取扱い商品
アウトドア / キャンプ / スキー・スノーボード / サッカー / テニス / 野球

店舗情報をみる