トレファクスポーツ三芳店

アウトドア史に残る名品!Optimus(オプティマス)の8R 1960年代筆記体エンボスロゴ!

2021.01.18

どうも、孤高の登山好きです。

年が明けてからまだ一度も登山に行けていないので、そろそろ行きたいと
うずうずしているここ最近です。

今年は雪が多いので難度が高い冬山になっているみたいな記事を見ましたが、
行かれている方はどうでしょうか?

この雪の量だと残雪期が長そうな感じもしますので春が来てもしばらくは
雪遊びが楽しめそうですね。

しかし雪が多いとは言いますが、富士山に雪が付いていないみたいで、
ネット民の間では噴火の兆候か!?なんて噂されています。

御嶽山や草津白根山などここ数年で火山活動が活発になった山も記憶に新しいですが、
日本には活火山に認定されている山が気象庁のHPによると111山あるそうです。

そもそも日本大陸自体が火山活動によって出来た島国なので、火山が多いのも納得ですね。

山を崇め、信仰してきた歴史は自然の驚異や恵みを神の力だと信じてきた人々の生活が
あったからこそ。

山を登る際はその山の歴史も知るとより感慨深い山行になりますので、ルートを調べるついでに
是非歴史も調べてみて下さいね!

さて、今日は山の歴史ではありませんが、ガソリンバーナーの歴史に名を刻む名品中の名品!
OPTIMUS(オプティマス)の箱ストーブ“8R”の60's初期筆記体エンボスロゴをご紹介します。


オプティマスのヴィンテージアウトドア
箱ストーブと称される名品

アウトドアの歴史にはたくさんの名品・名作と呼ばれるランタンやバーナーが存在しますが、
その中でも特異な形で、箱ストーブ、または弁当箱なんて呼ばれているガソリンバーナーがあります。

世界で初めて箱型ストーブのジャンルを築いたのがスウェーデンのオプティマス社で、
その始まりは1940年代後半頃と言われています。

持ち運びに便利なよう箱の中に燃料タンク、バーナー部がすべて収まる小型のバーナーとして
開発され、今までのバーナーの常識を打ち破った画期的な発明とも言えるバーナーです。

この箱ストーブの登場で、世界各地ではオプティマスの箱ストーブを模したバーナーが
数多く作られました。


アウトドア用品のキャンプ用品
No.8からNo.8Rへ

そんな画期的な箱ストーブの初代として販売されたモデルがNo.8というモデルであり、半世紀以上も
製造されたNo.8Rの前身です。

1963年に画期的なビルトインニードルシステムの特許を持っていたラディウス社を
買収した事により、その権利を取得した事で自社製品のバーナーにビルトインニードル機能を持たせるように
なりました。

その流れはNo.8にも適用され、ビルトインニードルシステムを搭載した事で、モデル名をNo.8からNo.8R
へと変わった経緯があります。

今回ご紹介する個体は、まさに1963年にビルトインニードルを採用した初期の個体であり、
1963年~1969年頃の製造品であると推定出来ます。


ヴィンテージアウトドアの8R
その理由は筆記体ロゴがエンボス加工で箱表面に施されている点と、燃料バルブがベークハンドル仕様
になっている点です。

8Rは年代によって構造の大きな変化はありませんが、時代が大量生産期にに入る事で、
箱に施される加工や燃料バルブの簡素化などが顕著に現れます。

この個体はNo.8のパッケージのままビルトインニードルが装備された完全体の8Rなんです。


8R
しかも、通常真鍮製の燃料タンクですが、これは真鍮タンクにメッキ加工を施してある
お金が掛かっているVer.になります。


​気になる状態とお値段は…

メーカー:OPTIMUS(オプティマス)
アイテム:ガソリンバーナー(箱ストーブ)
モデル:8R(エンボス筆記体ロゴ・ニードルシステム搭載)
年式:推定1963年~1969年頃

状態:小傷有
動作:確認済み

店頭販売価格:41,580円(税込み)


21年01月18日:画像7
21年01月18日:画像8
大きな凹みなどはなく、全体的に状態が良い個体になります。

21年01月18日:画像9
箱表面には小傷が入っていますが、使用されていた物としてはキズは少ないかと思います。

21年01月18日:画像6
付属のメンテナンス用レンチは蓋の裏に。
年式が浅い物は燃料バルブとレンチが一体となり簡素化されてしまいます。


キャンプ用品のオプティマス
燃焼確認は取れましたが火力が少し弱いかなと思いますので、そろそろウィック交換時期に
きています。

8Rは構造が単純なので、パッキン、ウィック、ニードルの具合・点検、そしてニップルのクリーニングを
しっかり行っていけばずっと使えるバーナーです。

せっかく自分の相棒とするのであれば、他人にメンテナンスを任せるよりも自分で整備を
施し、一生付き合っていく方がより愛着も沸きますので是非チャレンジして下さい。

ここ最近めっきり1960年代エンボス筆記体ロゴの出回る数が減っていますので、探されている方は
多いかと思います。

また程度が良好以上の物ほど出てこない現状が続いていますので、このご案内も本当に久しぶりです。

次はいつご紹介出来るか分かりませんので、お早めにどうぞ!

こちらの商品はトレファクオンラインからもご購入が可能です。※売り切れの際はご了承下さい。
https://ec.treasure-f.com/item/3090031221489583



●トレファクスポーツ三芳店では買取も行っております!
ご自宅に使わなくなったキャンプ用品や登山アイテムはございませんか?
1点から丁寧に専門スタッフが査定いたしますので、ぜひ一度お持ち込みくださいませ!


21年01月18日:画像10

・キャンプ用品(コールマン・スノーピークなど)
・登山用品
・アウトドアウェア
・アウトドア系のバッグや帽子
・ゴルフ用品
・サーフ用品
・ウィンター用品
・ミリタリー用品   etc...


アウトドア用品を売るならぜひトレファクスポーツ三芳店へ!!
ご来店心よりお待ちしております! 



トレファクスポーツ三芳店へのアクセス方法

トレファクスポーツ三芳店は、川越街道沿いにございます。
スシロー三芳店さんがお隣にございますので、ご飲食の際にお立ち寄り下さい。
また同じ川越街道沿いにWILD-1ふじみ野店さんもございますのでキャンプ用品や
登山用品、アウトドアウェアをお探しの際や買い替えの際は是非トレファクスポーツ
三芳店にもご来店くださいませ!


↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓
詳しくはコチラをクリック☞https://www.treasure-f.com/shop/583/topics/255499/
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


トレファクスポーツの商品がネットで買える!!

トレファクスポーツ各店で販売している商品が買えるWEBサイトがございます。
まだほんの一部ではございますが随時UPしています!

↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​↓​
詳しくはコチラをクリック☞https://ec.treasure-f.com/
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑












 

店舗紹介

トレファクスポーツ三芳店

トレファクスポーツ三芳店

住所
〒354-0041 埼玉県入間郡三芳町藤久保652-1
電話番号
049-258-3966
営業時間
11:00 ~ 19:00
買取受付
11:00 ~ 18:00
駐車場
専用26台
取扱い商品
アウトドア / キャンプ / スキー・スノーボード / サッカー / テニス / ランニング

店舗情報をみる